« 中四国矯正学会 | トップページ | 外装仕上がってきました »

子供の健康

健診のシーズンのため子供が多い。私は矯正をやっているがディスクレパンシー(歯と顎の大きさの差)が微妙な場合、方針をどうするか悩むところだ。うちの長男は明らかにスペース不足だったので4本抜歯した。おかげで矯正することもなくきれいにならんでいる。次男が微妙なところ。

先日、反対咬合のお子さんが紹介で来院された。その子の友達はリンガルアーチという表から見えない装置で治療した。ところが同じような症例でも、気の毒に思いっきり外から見えるチンキャップというのを使うことになった。お母さんはリンガルアーチを希望されていたのだが、残念ながらそれではだめなのです。同じように見えても全然違うんです・・

子供のリコールについて本当は何をすべきかちょっと考えている。むし歯の予防はフッ素を使えば簡単なのでリスク云々などあまり考えることもないと思う。ただし健康教育の入り口としてブラッシングは重要。自分の健康は自分で守るという基本的な態度を小さいときに身につけるきっかけとなる。

それにしても歯科医の仕事はそれだけでいいのだろうか。「食」の問題を抜きにして健康は語れない。これからは歯医者の仕事は「何をどう食べるか」ということが大きなテーマであり仕事になるはず。家庭で何をどう食べているか、我々はどこまでどう関わればいいのか?

|

« 中四国矯正学会 | トップページ | 外装仕上がってきました »

「矯正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88780/1769450

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の健康:

« 中四国矯正学会 | トップページ | 外装仕上がってきました »