« 中国デンタルショー | トップページ | カムカムフェスタ大成功! »

ライブオペ

朝から大阪へ向かう。まずは新大阪で上海勤務希望の先生の面接。30歳独身の男の先生。少し緊張しているようだがいい感じの先生。これなら大丈夫だろうと思う。いい出会いに感謝するしかない。さっそく免許関係の資料を送ってもらうことにする。いろいろ話をして昼飯を食べて分かれた。

午後からはメデントでインプラントのセミナー。
昼飯を食べて行ったのにお弁当が用意されていた。しかたないので・・食べる。このためにオペ中に眠くなり後悔することに(^_^;)
伊藤先生と上海の話をする。医院が軌道に乗れば講演に来て欲しい。上海のインプラントセンターにしたい等を話した。

さていよいよライブオペ。伊藤先生のオペが見られるということで期待が膨らむ。まず、問診、視診(これはとても鋭くて参考になった)。寝ている状態はそれだけでかなりの呼吸抑制になるとは知らなかった。静脈鎮静法は必須のようだ。これはぜひともマスターせねば・・SPO2の数値は思いっきり息を止めていても大して下がらない。90以下になるということがどういうことか実感としてよく分かる。

monitor.jpg

エステティックサイトでの植立方向については、気づく点があってよかった。アパタイトは惜しみなく使っていた。垂直マットレス縫合の変法もすぐ使えそう。オペ後は患者さんは鎮静法が効いているので全然なんともなかったと言っていたのが印象的だった。

オペ後の話によるとPRPは最近ではエビデンスがないということになっているそうだ。またβ-TCPは意外と吸収しないとか、バイオメンドのように粒子の細かいアパタイトは吸収して骨と置換していくようだ。常識がかなり変わりつつある。

今回、Biological Widthの話をかなりしておられた。ITIとかのエステティックタイプは3mmのBiological Widthは取っていない。確かにいろいろ症例を見てもアストラの歯頚部には骨吸収が見られない。エステティックサイトに関してはやはりアストラのものか・・

サイナスリフトについては次回の予定らしいが、私の症例を検討してもらう。伊藤先生のやり方は通常のサイナスリフトとはかなり違う方法のようで、興味があったので根掘り葉掘り聞く。やっとイメージができた。あとはやってみるだけだね。

少し時間もオーバーし、かなり疲れたがそのまま倉敷へと直帰する。倉敷でS木さんと待ち合わせてロイホへ。今後のことや考えているビジョンを話す。とにかく今は力になってくれる人がほしい。彼はおそらく期待以上の結果を出してくれるのと思う。(これってプレッシャー??)

S木さんに送ってもらって帰った。帰るとちょうど「額とぼし」から子供たちが帰ってきたところ。楽しかったらしい。一緒に行けなかったのは残念だったがとにかく今日も濃い〜い一日であった。

|

« 中国デンタルショー | トップページ | カムカムフェスタ大成功! »

「インプラント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88780/1769456

この記事へのトラックバック一覧です: ライブオペ:

« 中国デンタルショー | トップページ | カムカムフェスタ大成功! »