« セカンドオピニオン | トップページ | 東風会スキーツアー »

某矯正症例検討会に参加して

10日にある矯正研究会の症例検討会があって博多に行ってきた。
内容的には特に新しいことはなかったが会場外に展示していたバイオデントの扱っているDDSというサービスはちょっとおもしろかった。

これは模型を預かって3Dデータとして保管し、必要に応じて光造形により模型化したり、インダイレクトボンディングの位置決めをしたりアクティブポジショナーを作ったりするサービス。

うちもこの勢いで子供の矯正が増えると模型の保管が問題になる。3Dデータで保存しておけばスペースの問題も管理の問題も解決できる。ちょっと真剣に考えたほうが良さそうだ。

あとは発表を聞いていて感じたことだが、あまりにも矯正の知識のない人が矯正をしているな、ということ。「ハイアングルって何ですか?」とかいう質問も出る始末。固定源をどうするかとかも考えていないようで、恐ろしいの一言。

ある先生の主催する矯正カンファレンスに参加しようかどうかと思っていてそれを決めるためにも参加したのだが、レベルの高い人と混じったほうがいいのはどんな分野でも同じこと。ここは敬遠したほうが良さそう。

今回、残念ながら博多の友人とは会えず市内をぶらっと観光して帰った。

|

« セカンドオピニオン | トップページ | 東風会スキーツアー »

「矯正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88780/5761170

この記事へのトラックバック一覧です: 某矯正症例検討会に参加して:

» 私だってたまには・・・ [学校での秘密]
私が堅物だと思ったら大間違い。もう叫びたいですw [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 12時12分

» がくぶんの資格情報サイト [がくぶんの資格情報サイト]
がくぶん総合教育センター、がくぶんの資格講座・通信教育の資格情報 [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 18時30分

« セカンドオピニオン | トップページ | 東風会スキーツアー »