« 森田さん送別会 | トップページ | »

なかうみマラソン(ホノルルへの道)

617502493_26 11月3,4日

島根県の安来市で行われた「なかうみマラソン」に参加してきた。
スケジュールの関係でホノルル前としてはこれが最後のレースになる。

土曜日仕事が終わってから車を飛ばして米子へ。安来市と米子市は近所なので宿の取りやすい米子へ。駅前には立派なホテルがたて並んでいる。楽天トラベルで私が選んだホテルは・・・安い以外は取り得なし。

しかもあろうことかこのご時勢に「クレジットカードが使えない」ときた。現金の持ち合わせが少ないのでちょっとやばい感じ。

617502493_74 気を取り直して飲みに行ったのは「藤吉郎」というお店。内装も雰囲気もいい感じ。「おまかせ」の刺身を頼むと次々と絞めたての新鮮な魚が運ばれてくる。これがめちゃうま!瀬戸内では見かけない魚も多く「甘い」刺身を堪能した。

いろいろな焼酎をとっかえひっかえ飲んでいるうち・・いつものようについ飲みすぎた。

さて、一夜明けて次の日はいよいよマラソン。
ちょっと薄ら寒い感じ。まあマラソンにはよいのでは?という曇天。
少し寒いかなと思って手袋を買ったがレースが始まるとものすごくいいお天気になって邪魔だった。

会場は大勢の人でゲストも丸山弁護士、世界陸上金メダルの谷口浩美さん、水泳の岩崎恭子さんなどいろいろ呼んでいたみたい。そのせいかお土産は少なかった・・うそですよ。十分十分・・(^_^;)

股関節が痛かったので走れるかどうか危惧していたのだが、走り出すとあまり気にならなくなった。圧倒的に練習不足なので予想通り15km付近で足に限界がきた。

今回編み出した技は「忍法影分身の術」
ひたひたと後ろに迫ってくる自分より少しペースが速いかなと思われる人を見つけると、すぐその横か少し後ろでペースも呼吸も合わせ、自分を「無」にして引きずられるように付いていく。

これで後半結構ペースを落とさずに走ることができた。
しかしぴったりと付いてこられる側からすると嫌だろうね~。

タイムは1時間53分。練習していない割にはよかった。ダイエットのおかげかな。フィニッシュした後に振舞われる豚汁が格別だった。あと蕎麦もうまかったな~。

会場を後にして温泉に向かう。
無料温泉券をもらったので「さぎの湯温泉」の安来苑というところに入ったが・・・なんとも不思議なところ。まるで商売する気なし。たまたま無料券を僕が忘れたのだが、そのことを言うとしっかりお金を取られた。脱衣所もきたなく出てビールを飲もうと思ったら売り切れだった。
間違いなく隣の「さぎの湯荘」が100倍いいと思う。

湯から上がると隣のみやげ物屋さんで黒ビールを飲みながら飛魚(あご)の野焼きを食う。くわ~っ、ビールが喉に染み渡る!

足立美術館を見たかったのだが、ホテル代と飲み代で現金なし。
次回また来るぞ~山陰捨てがたし。

617502493_170

|

« 森田さん送別会 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88780/9120817

この記事へのトラックバック一覧です: なかうみマラソン(ホノルルへの道):

« 森田さん送別会 | トップページ | »