« カムカムフェスタ | トップページ | つまようじ法実習 »

ライブオペ見学

7月27日

名古屋のメデントにてインストラクタートレーニングコースを再受講。
午前中はマーケティング。何か新しいヒントを得たいと思って受けてみた。
いろいろ気づきがあったが大事なのは
あなたの歯は一生責任持ちますよ!」という気持ちと
しっかりとした学術的背景」が必要だということ。

やはり長期的な視野にたって「一生面倒を見る」ということを私はいつも患者さんにも話している。
また学術的背景については、秋にはスウェーデンでのトレーニングやポーランドでのEAO(ヨーロッパインプラント学会)にも出るし最新の論文もいつもチェックするようにしている。
それにしてもインプラントはやればやるほど課題が出てきておもしろい。

Nagoya

午後からはライブオペ。
サイナスリフトの症例。伊藤先生は最近は吸収性メンブレンを膜の保護にルーティーンに使っているらしい。見るたびに少しずつ術式が変わっている。
サイナスリフトを行ったインプラントは側方圧に弱いので咬合様式に注意することや、鼻中隔側壁まできちんと露出すること、切開の際に採取して血液を上手に利用すること、など参考になった。

お昼に久々に「ひつまぶし」をご馳走になった。
名古屋まで来ないと食べる機会があまりない。とてもおいしく戴いた。
帰りにJR名古屋駅の構内を歩いていると派手な「インプラント無料相談会」の看板が・・

「ナゴヤ」はなかなか大変だcoldsweats01

Nagoya2

|

« カムカムフェスタ | トップページ | つまようじ法実習 »

「インプラント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88780/22916484

この記事へのトラックバック一覧です: ライブオペ見学:

« カムカムフェスタ | トップページ | つまようじ法実習 »