« イエテボリ | トップページ | スウェーデンからポーランドへ »

イェーブレ

9月16日

朝起きてちょこっと走ってみる。
さすがにここも寒い。街行く人は皆完全に冬の格好。
その中を半そで短パンでジョギングしていく私は完全に浮いている。

今日はGavle Hospitalという病院でのライブオペ見学。
ここもすごくきれいな病院で日本の病院とはずいぶん雰囲気が異なる。
簡単なレクチャーの後、希望者のみオペ着に着替え他の者はビデオカメラで見学。

僕はもちろんオペ室へ。Dr.Arneのオペはとても丁寧で手際がよい。
サイナスリフトの症例だったがかなり手馴れているのだろう時間も短かった。
おもしろかったのは看護婦が「もうちょっとこの辺縫合したら?」とか口出すこと。
それに応えてちゃんと縫合しているのがよかった。

骨増生にBio-Ossと自家骨を使いフィブリン糊を添付して吸収性メンブレンを使っていた。
10ヶ月ぐらいかけるとしっかりした骨になるとのこと。
早すぎるからうまくいかないと言われていた。なるほど・・・

ちなみに世界的には骨補填材としてはBio-Ossがスタンダードとか。
日本では動物由来の成分はどうも評判がよくないが、Bio-Ossは専用に
牛を育てているので狂牛病などの心配は限りなくないそうだ。

10時半と3時はお茶の時間。
休憩室は広くお茶、コーヒー、お菓子などなどがそろっている。
おばちゃんたちはこ1時間まったりと歓談している。

スウェーデンで歯医者をしている信子先生にいろいろお話をうかがった。
彼女はGP(一般開業医)なので虫歯の治療とかをするわけだが、
衛生士から送られてくるだけであまりコミュニケーションがないようだ。
スウェーデンといえば予防歯科で有名だがそんな大したことはしていないとか。
まあ、そんなものだろう。

お昼は病院の中の食堂でいただいたが、ビュッフェ形式で豪華なもの。
スウェーデンの食事は不味いとか言う人がいたが決してそんなことはない。
さすがにお酒は出なかったがかなり満足。

夜はホテルでArne先生やJan先生、Hellsten先生などを招いて食事会。
Aくんがかなり酔ってArne先生にからんでいるのがおもしろかった。
Hellsten先生のお嬢さんは日本に留学経験があるとかで日本語ができる。
目がパッチリとしたとてもかわいいお嬢さんだ。
飲みすぎたのでさっさと寝る。

|

« イエテボリ | トップページ | スウェーデンからポーランドへ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88780/24366349

この記事へのトラックバック一覧です: イェーブレ:

« イエテボリ | トップページ | スウェーデンからポーランドへ »