« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ホノルルへの道

11月23日

Kasaoka2

ホノルル前の最終レースとして「べいふぁーむ笠岡マラソン」を走ってきた。いっしょに行くはずだった人が風邪でなので仕方なく一人で参加。

前回、蒜山マラソンのハーフは散々な結果だったが、それ以降も大した練習はしていなくて朝30分ほど歩いたり走ったりしているだけ。体重もまったく減っておらずいい結果は予想できなかったが・・・

好天に恵まれて気温は11℃といいコンディション。前半は快調に飛ばして5kmは25分。15kmまでは割といい感じだったが・・15kmぐらいから足が動かなくなる。それでも何とかごまかしながらゴールへと進む。あと3kmが長い!

いつもならそれでも根性で最後の1kmでスパートかけるのだが、まったく根性出ず、トラックに入っても少しペースを上げただけ。結局1時間52分。後半まともに走れたら50分は確実に切れていたのに、と思うが練習量は正直なものだ。残された日数、ちゃんと走りましょう。

Kasaoka1_2

ところで笠岡陸上競技場は立派。体育館とも併せてとてもお金がかかっている。作ってしまったものは今更何を言っても始まらないがこんな立派なものがここに必要なのだろうかと思うのは私だけではないと思う。

Kasaoka3

コースは平坦で走りやすかったが、本当に何もないところで走っても走っても景色が変わらない。一部沿道でおじいちゃん、おばあちゃんが応援しれてうれしかった。
走ったあとに頂いた豚汁は最高にうまくて体中に温もりがしみわたる感じだった。


さて今年もやります「タイム当てクイズ」sign03
詳しくはこちらのサイトから見てね!
ちなみに去年はナイキのバッグ他豪華景品でしたよ~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HTP修了式など

11月16日

仕事が終わって新倉敷の守屋歯科の来院者の方が経営されている「WABI・SABI・DINING」というお店で20周年の打ち上げ。

Wabisabi_2

どの料理も結構おいしく、しかも「これ材料何?」というとても凝った料理が多かった。お酒は飲み放題に設定していたのでついつい飲みすぎる。楽しく出来上がった状態でそのまま新幹線に乗り心斎橋へ。

久々に会う友人と韓国鍋をつつきながらまた飲む・・・元気でやっているようだ。再会を期して別れ何とかホテルへ。

Htp1

翌日はHTPの修了式。ひまわり歯科のメンバーが4人も出ているので修了式には何としても出なければならない。最初にHTPに出ると言われた時は「えっ?大丈夫??」という感じだったが、何とか無事発表も終えることができた。
とりあえず、おめでとう。いろんな意味でいいきっかけになったんじゃないかな。これを機に大きく成長してほしいと願う。

Htp2_2

Htp3

終わって懇親会。S歯科はメンバー全員でバスをチャーターして応援に来ていた。人を応援することで全体のパワーレベルが上がっていく。いい循環ができているのだろう。
懇親会は和やかな雰囲気でまたまたワインなどを飲んでしまった。

この後岡山に帰りある人のお祝いがあったのでまた飲み会。2日間で4回の飲み会はさすがにヘビー。回復に2日かかった(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーチングセミナー

11月13日

異業種交流会が主催する「コーチングスキルアップセミナー」を受けてきた。
ショートセミナーだったが気づきも出会いもありおもしろかった。

一番興味深かったのは
「潜在意識は自分と他を区別できない」というもの。

人に感謝する、
人を褒める、
人の失敗を願う・・・

これらの行為はすべて自分の潜在意識は自分のことと感じるということ。
当然どういう結果になるかは自明だ。

朝のミーティングでGood&Newをやっているが、人に起きたよかったことを心から喜ぶことができれば自分の喜びは人数分増えていく。こんなにシンプルに幸せ度を増す方法があったのだ。

なぜ「自分と他を区別できないか」というと「自分と他はつながっているから」ということらしい。
自分のコアにつながり、相手を丸ごと受け入れることができれば、すべてはうまくいく。

「どんな自分になりたいか?」

自分に関わる人を幸せにできるような人になりたいな。

ほんの少し針の穴ほど見えてきたような気がする。

懇親会はおでん屋さんで、車で行ったのでお酒が飲めないのが残念だったが楽しい会だった。名刺代わりに発刊されたばかりの「最新インプラント読本 2009―知らぬと怖いインプラントの秘密18 (2009) 」もお渡しできたbook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新インプラント読本2009

ついに出版されまた!

_
最新インプラント読本 2009―知らぬと怖いインプラントの秘密18 (2009)

伊藤正夫先生監修でメデントインスティテュートの認定歯科医6人で書いた本が出版されました。私も一部執筆しています。

【目次】
第1章 インプラント治療の最前線(10年後を見据えた耐久性のある治療を/天然の歯とインプラントの違いとは)
第2章 インプラント最新事情レポート(インプラント事故の社会的背景について/インプラント事故の医学的背景について/
第3章 最高の笑顔「ハリウッドスマイル」を求め て(インプラントと身体について/インプラント治療の手順について/
第4章  高度先端歯科医療の現在(歯槽骨が吸収した人のための治療1/歯槽骨が吸収した人のための治療2

インプラントはどんどん進化しています。
この本はインプラント治療の最前線、最新事情レポートを収録するほか、インプラントクリニックの教育機関であり格付け機関でもあるメデントインスティテュートで行われる高度歯科医療の内容もわかりやすく解説しています。

今だけご希望の方には無料で差し上げています。
こちらからお申し込みください。


インプラント無料相談会のご案内

11月19日(水)10:00~11:30 Tフラッツ
12月6日(土)14:00~15:30 アパホテル倉敷駅前
12月24日(水)10:00~11:30 Tフラッツ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20周年ありがとうございました

11月9日

守屋歯科医院の20周年記念講演会&パーティが行われた。
おかげさまで多くの来場者を迎えることができ盛会となった。
実は企画運営は全て守屋のスタッフが中心となって行われたもので私はほとんど関与していない。

Photo_4
スタッフたち

講演会はまずは前座として東風会6医院がそれぞれ独自に作成したプロモーションビデオを流しながら医院とその活動を紹介するもので、自画自賛になるがなかなかいい感じで仕上がっていた。

メインの講演は岡山大学歯学部名誉教授の渡邊達夫先生.。
実は先生との出会いは私にとっては大きな転機だった。開業当初はひたすら技術の追求をしていて講習会、セミナーには毎週のように通っていた。そうやって「フルマウスリコンストラクション」「オーラルリハビリテーション」を施したはずの口腔内が5年も経つうちに崩れていく。

「これからは予防だ!」と思っていたところで出会いがあり、「歯磨きをしても虫歯は防げない」などの目からうろこの話やつまようじ法は衝撃的で、すぐに臨床研修医となって予防歯科に通うことになった。自分の患者さんを3人ほど岡大まで来てもらって4年ほど岡山大学の予防歯科を学んだ。

今でもこの資産は東風会の大きな柱、資産となっている。先日も渡邊先生をおよびして実習セミナーを行ったが、日々「つまようじ法」によるブラッシングを行っている衛生士にとっても大きな刺激となったようだ。

先生の講演は「口の中からこころもからだも健康になれる」と題したもので、まずは「健康ってなんだ?」という問いかけから始まった。とても示唆に富む内容でいろいろと考えさせられた。

Photo_5
花束の贈呈

Photo_6
記念撮影

パーティは古くからの友達であるN先生(彼は口腔生理学の博士号も持っている)の玄人はだしのサックス演奏で華々しく始まった。プロ3人を従えての演奏はなかなか聞き応えのあるもので、演奏だけ聞いていると歯医者とは絶対に思えないものだった。

Jazz
ジャズ演奏

その後はビンゴ大会。ビンゴになった人にそれぞれコメントをもらったがこれがなかなかおもしろかった。守屋歯科に20年近く通われている方も何人かおられるし、歴代の受付も3人来てくれた。

Photo_7
ビンゴ!

Photo_8
主役は来院者のみなさん

花束をいただいたときは、それまでの守屋のスタッフのがんばりと20年間支えてくれた多くの人たちへの感謝の思いから不覚にも涙がこぼれてしまった。いつもスピーチは上手くないがいつもに増してしゃべれない。でも思いだけは伝わってくれたのではないかと思う。

Photo_9
花束ありがとう!

最後は呼松太鼓の壮麗な演奏で締めくくった。腹のそこから突き上げるような魂をゆすぶられるような音に皆が酔いしれた。ホテル中が振動していたのではないだろうか。

Photo_10

これからも守屋歯科、そして東風会は「自分がして欲しいとのぞむことを来院者に!」というゴールデンルールを大切にし、「スタッフが生き生きと働き、来院者がニコニコ笑って帰っていかれる笑顔と感謝にあふれた空間」を作っていくことを約束する。どうか応援よろしく!

最後にスタッフのみんな

本当にありがとう!

心から感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回ボーリング大会

Photo
僕も投げるよ!

11月1日

来院者の方々とボーリング大会。

今回で2回目になるが、僕がボーリングをするのは年に1回。
つまりこのボーリング大会のみ、ということ。
当然スコアはいつもひどいもので、どれくらいかというと
「ゴルフのスコアなら結構いけている」というぐらいのもの。

今回は6チーム対抗戦。
僕のチームは子供がいたので「ガーター防止装置」を装着。
結果としてこれをフルに活用することになってしまった。

マイボール、マイシューズで参戦される方も何人かいて
安定したフォームから繰り出されるボールはさすがに安定している。
「先生、力が入りすぎじゃ~!」と注意される。

ボーリングは本当に難しい。
でも「老若男女」が同じゲームで楽しめるというのはいいものだ。
今回は子供が学校の行事で参加できなかったが、
また連れてきて一緒に遊んでもいいな、と思った。

準備してくれたスタッフのみんな。本当にお疲れ様。
来られた方々がみんな笑顔で帰って行かれた。
来年までにはもうちょっとうまくなろう!happy01

Photo_2
がんばったね!

Photo_3
みんなで記念撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »