« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年ホノルルマラソン

ホノルルマラソンご声援ありがとうございました<(_ _)>
おかげさまで今年も無事完走することができました。
まずはマラソンの前後のみ書かせていただきます。----------------------------------------------------------------

今回のマラソンは大阪の歯科医院受付山本さんと東京の歯科医師山田先生の お二人と走ることになったのがトピックス。ぴかぴか(新しい)

前日は「もつ鍋」を食べる。
最後にラーメンを入れてカーボローディング(?)
3時に起きてすばやく支度し山田先生を拾って某スーパー駐車場へ。

アラモアナでマイミクさん、大阪の山本さんと合流。
いっしょに花火を楽しんでからいよいよスタートexclamation
この花火を見ると「ああ、今年も来てよかったな」とつくづく思う。

昨年ほどではないがやはり雨が降っている雨
違いは2時間ほど降り続いたこと。
ただ走る側にとっては雨はそれほど影響はない。

山本さんは初マラソンでそれほど練習していないと言っていたが
走り出すとなかなかいいペース。
引っ張っていくつもりが逆に引っ張られるほど。
30km過ぎまでは山田先生、山本さんと3人で仲良く並走していく。

自分としては10km/時のペースで引っ張っていたつもりだったが、あとで 記録を見ると9km/時弱。まあこのペースなら30kmまでは 割といい感じでお話をしながら「ニコニコペース」で走れることを発見。

時々山本さんに

「大丈夫??」 と聞くと

返ってくる答えは

「楽しいでするんるんexclamation

むしろマラソン3回目の山田先生の方が苦しそうあせあせ(飛び散る汗)

途中で1度トイレ休憩。
このとき山田先生ご持参のサロンパススプレーが結構効いた。

何よりも一人で走ると孤独感との戦いになるがそれがない。
精神的にきついハワイカイからの折り返し付近もいい感じ。
2時間すぎたあたりから晴れてきてむしろ暑いくらい。

30km当たりで時計を見るとかなりペースが遅いことをやっと発見。
「ちょっとペース上げていくよグッド(上向き矢印)」と別れるが

実は全然ペース上がらなくて・・むしろダウンバッド(下向き矢印)??
最後の2kmでロングスパートをかけて少し挽回。

最後はいつものように後先考えず無茶苦茶走ったので苦しかった。
ゴールすると安田美沙子らしき人がカメラに囲まれていた。

タイムは4時間39分20秒。去年より1分ほど遅い。
まあそれでもいい感じで走れたので満足。

雨に濡れて心配だった携帯も問題なく、連れに連絡を取り
「完走りんご」をかじりながらTシャツを受け取りに行く。

少し遅れて山本さんがゴール。40分台。
初マラソンでこのタイムは立派。

ホテルに戻り連絡を待っていると山田先生も5時間過ぎで無事ゴールしたとのこと。
待ち合わせをしていつものようにチャイナタウンの「ゴールデンパレス」で飲茶。
このビールは格別にうまかった。ビール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末は行事がいっぱい

12月6日

午後からインプラント相談会。
今回初めてホテルでやってみた。
もとステーションホテルで今はアパホテル倉敷駅前。
まだプレオープンということで改装中。3月にグランドオープンとか。

実はうちの「デンタルサロン ハビーナ」もこれに合わせてオープンする予定。
駅前の再開発は相当な規模になるとのこと。
チボリ跡の開発事業もすでに決まっているとか。
倉敷駅前が「蘇生」していく。

ホテルで相談会をやると全て用意してくれるのでとても楽。
内装は古いがサービスは行き届いていた。
JCのH先輩もまだ勤務されているらしいが、
あいにくとこの日は不在で挨拶できなかった。

P1050049

夜は東風会の全体セミナー。
コンサルタントの丹羽さんにキャッシュフローについて説明してもらった。
みんなよくわかった、というのだが・・本当だろうか?
ぼくは何度も図を描いてやっと最近直感的に理解できるようになった。
まあ、簡単と言えば簡単だが普段そのような思考をしていないので、
慣れないとなかなかしっくりこないものだ。

P1050050

その後は大忘年会。
なにしろ50人近い人数なので会場探しが大変。
今年はスマイルのスタッフが見つけてきてくれた「とらや別館」
んんっ?なにそれ?もしかしてあの「とらや」??

そう、中華の「とらや」。その別館というのが・・・
とてもわかりにくい場所にある。しかも看板もない。
ただ部屋は広くて大騒ぎしてもOKなのはありがたかった。

P1050051

プレゼント交換をして大いに食べて飲んで楽しい時間をすごした。
I先生の「ここはハワイか?!」というギャグは大いに受けた。
材料屋さんのSさんはあの寒い夜にダウンのコートを忘れて帰ったそうだ。
無事を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プラトンセミナー

11月30日

L7040001
コスモスクエア駅より

大阪のコスモスクエアで行われたプラトンセミナーに出席してきた。
プラトンは国産のインプラントメーカーで臨床医の立場に立って使いやすいインプラントを開発している。ひとつのブランドの中に1回法、2回法、デザインもさまざまなラインナップが揃っているので症例にあわせて使い分けることができる。

表面性状も薄膜のアパタイトコーティングを施したBioが好評だ。聞くところによると6工程ぐらいをを費やして強固なコーティングをしているらしい。初期にはアパタイトの存在で早期に骨結合を達成ししばらくするとアパタイトは溶解して骨とチタンの直接結合に置き換わる。
初期固定が不十分で2回法の症例に適しているようだ。うちでも条件の悪いケースには時々使っている。

金鴻基先生の症例で硫酸カルシウムのCALMATRIX,CARFORMAを用いた症例はメンブレンを使うよりも予後が良さそうだ。Lifecore社から出ているようだ。

他には東京歯科大学の矢島先生の講演はおもしろかった。専門的な内容は割愛するがこの10年で医療訴訟は2.3倍に増えているらしい。
情報が増え、価値観が多様化し、権利意識が大きくなっている。今は患者というより「医療消費者」と言う言葉を使った方がよいとのこと。東風会ではもともと良質な「医療サービス」を提供するというのが目的なのでこの流れは当然と思っている。

ホノルルに向けてトレーニングしたい日曜日ではあったが、この日は一日椅子に座りっぱなし。明日からがんばろう!happy01

sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04
インプラント無料相談会のご案内

12月6日(土)14:00~15:30
アパホテル倉敷駅前
□インプラントの話
□体験者のお話
□個別相談

相談会に来られた方には
「最新インプラント読本2009」を進呈いたします。
お申し込みはこちらから
sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »