« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

とくしまマラソン

4月26日

とくしまマラソンに参加してきた走る人

Tokushima

前日から東急インに宿泊し、近所の居酒屋「とくさん」で夕食。
お刺身盛り合わせで、とお願いしたらすごいのが出てきた。

Tokushima3

「これはやりすぎだろう!」ほっとした顔

といいつつもまあたまにはいいかとおいしくいただく。
その後はカラオケを熱唱。ビールをしこたま飲んで就寝。

翌朝は6時起床で準備をする。
登録を済ませ近所のマクドでコーヒーを飲んだのち、走って会場へ。 ドンちゃん、カジタクさん、やまさんと合流。

やまさん、カジタクさんあまり眠れなかったとか。
僕はしっかり寝たのだが少々二日酔いぎみ。

風が強くとにかく寒い。
ウェアはこの時期なのでランパン、ランシャツしか用意していない。
走り出したら何とかなると思っていたが・・・

今回は練習不足なので念入りにウォーミングアップし、前半押さえて できるだけ足を温存することにした。

走り出すと、すごい風。しかも途中から小雨まじりとなる。
前半押さえるも何もまったくスピードが出ない。
寒さに耐え、風に耐えて走る。

カジタクさんは途中まではほぼ同じペースだったが、
20kmすぎから先に行かれたのでその後はわからない。

折り返してからは風は逆に追い風となる。
あまりの違いにびっくり。風というのはあなどれないものだ。

徳島はとにかく応援がすごい。

・道の半ばまではみ出して応援してくれる。
・子供たちがハイタッチをしてくれる(大人も)
・阿波踊りにバンドの演奏がある(何か所も)
・フードエイドがすごい。バナナ、あめ、はもちろん。
 アンパン、いちご、ミニトマト、レモン、ちくわ、梅干し、たくあん・・・
・私設のエードステーションも多くエアサロンパスなどもしてくれる。
・距離の表示も1kmごとでとてもわかりやすい。

さて、前回の吉備路マラソンでは25kmで足が動かなくなったが、
今回はとりあえずは大丈夫のようだ。
30km過ぎからはさすがにペースが落ちてきたが、
なるべくフォームをくずさないことを意識して走り続ける。

あと2kmのところでは足がつりそうになるが、
ちょっとフォームを変えたりしてごまかしていく。

そして、いよいよ感動のゴールexclamation

タイムを見ると、

4時間10分!

「やったぜぇ~!!!」
思わず叫んでしまった。

国内マラソン初完走。
自己記録更新(10年ぶり?)

ゴールではおばちゃんたちの「バンザイ隊」に囲まれて
バンザイ、バンザイ、バンザイ、\(^o^)/

とくさまマラソン最高だったわーい(嬉しい顔)ハート達(複数ハート)

徳島には日本人離れしたホスピタリティがある。
国内のマラソンもいい。来年も絶対参加するぞ。

L7040062

L7040063

帰りは11号線で「びんび家」でおいしい魚を食べて帰った。
体はボロボロ、でも心は幸せぴかぴか(新しい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイム当てクイズ

明日はとくしまマラソン走る人

実は福山マラソン以来ほとんど走れていない。
吉備路マラソンの雪辱を・・と思っていたのだが
それもかなり難しくなってきた感じ。

とはいえせっかく徳島まで行くので楽しんでくるつもり。

ということで恒例の

「タイム当てクイズexclamation ×2

僕のマラソンの予想タイムを当ててください。
途中リタイアというのも有りです。

ヒント
ちなみに去年のホノルルは4時間39分でした。
(過去の日記を見ると今までの変遷がわかります。)
体重はベストからは3kgぐらい増えているかも。
朝の軽いジョギングしかできていなくて
このところ5km以上の距離を走っていない。

さて、上位3名様にお土産を買ってきます。

よろしく!わーい(嬉しい顔)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

朝礼セミナー

4月22日

午前中、インプラント相談会。
今回は4名の方が参加された。
最初とても怖い顔で聞いておられた方が最後は笑顔でたくさんしゃべるようになったのでとてもほっとした。やはりコミュニケーションにはある程度のまとまった時間が必要だ。

午後から大阪で「10分で社員のやる気を引き出す」朝の習慣・体験会に参加してきた。
ソリューションの小西さんのセミナー。内容もおもしろかったがワーク等でいろいろ書いているうちに頭の中が整理ができてよかった。

懇親会で「ドラッカー塾」の話が出た。1年間のコースで受講料が1,890,000円とのこと。よく見て欲しい0の数を。これだけの金額を出せる人は限られてくるので受講者との交流が勉強になるとのこと。これには納得。

夜はTさん宅でお料理会。ちょっと遅れて参加。
シンプルでおいしい料理にまたもビールが進む。

ドラッカーが急に読みたくなって本棚から引っ張り出した。
やっぱりいいわ。つまらない本をたくさん読むよりこれを熟読しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の上海

4月16日~19日まで上海に行ってきた。

実はこの前にドクターNから突然「明日から行けなくなった」との言葉をいただき、またもドクター不在になってしまったのだ。 どうしようかと思案していたが、幸いY先生とS先生で何とかしてくれるとのこと。ありがたいことだ。とりあえずは危機は免れた。

1日目の夜はミウラさんらと東北料理。しこたま食べて飲んでマッサージ。

2日目は劉さんお勧めの火鍋屋。ここは巨大店舗に大勢のお客さん。料理もおいしかったし、接客もよかった。カンフーしながら麺を伸ばすパフォーマンスもおもしろかった。

3日目はY先生のアパートでパーティ。
おもったよりもずっといいところに住んでいる。このアパートで2500元は安い。
Y先生の医院から来ているナース2人、受付1名、ドクター1名参加。他に日本人女性2名、中国人男性1名、日本人ドクター1名に技工士Yさん。

総じてちょっと食べすぎ。
とくしまマラソンどうなるのだろう?うれしい顔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供とバス旅行

少し前になるが、4月5日

王先生に太極拳を習っている人たちの旅行があったの次男に「一緒に行くか?」というと行くというので連れて行くことにした。

バスで牛窓海遊文化館→オリーブ園→閑谷学校→備前焼博物館を回るという、まあお年寄り向けのコースなのだが私的には結構楽しめた。

牛窓の語源が「牛転(うしまろび)」であるとか舟形のだんじりとか朝鮮通信使との交流とか知らないことばかりで勉強になった。

オリーブ園で二男が「世界で2番目においしいソフトクリーム」とか書いてあるのを見て欲しがるので食べさせたらえらい感動して、どうも今回一番印象に残ったのはこのソフトクリームであるとのこと。まあ別に普通のソフトクリームであったが・・・

閑谷学校は桜がきれいで今シーズン初めての花見となった。子供のころ来たことはあるがボランティアのガイドの説明はなかなかおもしろく、思わず「論語」の本を買い求めてしまった。儒学を小さいときに叩き込まれた人はきっと一本筋の通った人間になったであろうな。
もう遅きに失した感はあるがちょこっと勉強してみよう。

備前焼は西洋人にはなかなか理解しがたいものらしい。若い人の作品もたくさんならんでいたがオブジェのような感じのものが多い。古い作品とはなんか違う感じがする。次男は最近コーヒーに目覚めたようで、備前焼で飲むコーヒーも格別のものであったらしい。

さて一日子どもと過ごすことはまれなので親としては幸せな一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ベッキーのルール

夜中にテレビを見ているとベッキーのトーク番組があった。
途中から見たので全部ではないのだが、

ベッキーが自分に決めたルールがいくつかあって、
・サインをしたあと両手を色紙の上において相手の幸せを祈る
・スタジオを後にするときに必ず感謝をこめて礼をする
・冷たいものは飲まない
・一日の終わりに反省文を書く

などなどが出ていた。
年は若いがこの人は徳のある人だなぁと感じた。

振り返って自分ににルールなんかあるかな??

靴をそろえられるようになったのは40過ぎてからだし、
週に1回の禁酒日はかろうじて守っているけど・・・

人に感謝の言葉はきちんと言えていないし
自分のことばかりしゃべりたがるし・・

まあ、考えるとほんとにルールのない人だ。
ベッキー見習わなきゃむふっ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京2日目

4月12日

翌日はメデント・インスティテュートのエグゼクティブトレーニングコースにオブザーバー参加してきた。伊藤正夫先生のクリニックは銀座のど真ん中のビルの最上階sign01

午前中の蒔田先生の講義はインプラント補綴についてだったが、とても丁寧でしっかりとした臨床はすばらしいものだった。細かいところでいろいろ示唆される点があり、しっかりメモを取らせていただいた。

昨年いっしょにEAOに参加したI先生とO先生も来られていて話をしていたが、本当に対照的なお二人でI先生はマネージメントが、O先生はマーケティングがすばらしい。この二人を合わせればとんでもないことになるなと感じた。(もちろん単独でそれぞれ飛びぬけた結果を出されているのだが)

このお二人の話は金額に換算するとすごい価値がある話だ。
2日間を通して濃密な時間を過ごさせていただいた。

・・ということで帰りの新幹線はbeerbeerbeerbeerhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

桜舞い散る中

4月11日

守屋歯科医院のお花見。cherryblossom
少し時期が遅く花吹雪の舞い散る中の開催となったが、
天気もよく多くの人たちに楽しんでいただけたようだ。

スタッフが独自ルートで手に入れたおいしい焼き肉は今回も絶品。
宝探しや借り物競走など子どもたちも大満足(のはず?)
スタッフ各自が自発的に動くのでとてもスムーズに進行した。

僕は途中で抜けて東京へ。
先頃NPO法人化した「お口の健康ネットワーク」理事会出席のためだ。
理事長の渡邊達夫先生は僕にとってはいろいろな意味で恩師だ。
東風会の考え方は岡大の予防歯科がベースとなっている。

今回やはり公衆衛生に軸足を置かなければならない、とあらためて思った。
歯科医師法の第1条
歯科医師は、歯科医療及び保健指導を掌ることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。」

国民を健康にすること。

実は15年ほど前に作った「守屋歯科の目的」の最初に書いている。

原点は変わっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月全体セミナー&懇親会

4月4日

東風会の全体セミナー&歓迎会が行われた。
今回の全体セミナーのテーマは自費の補綴物で、最新の情報も盛り込んだ内容を和田精密の人にレクチャーしてもらった。

ドクターサイドとしてはもう少し突っ込んだ内容が欲しかったところだが、他のスタッフからはおおむね好評であったようだ。

私たちはもし自分がしてもらうとしたら、あるいは自分の家族が治療を受けるとしたらどういうことをしてほしか、なぜそうして欲しいのかを来院者にきちんと説明する義務がある。

この前右下6番のインレーを入れてもらったがもちろんゴールドである。タイプ2でもよかったが在庫なかったのでタイプ3にしてもらった。展性、延性や生体適合性を考えるとゴールドがファーストチョイスだろう。

歯科医療に携わる人で自分の口の中に健康保険の12%金銀パラジウム合金を入れてほしい人はいないはずだ。これは日本にしかない代用合金で金はわずか12%、ほとんどは銀であとパラジウムと鋳造性を良くするためにいろいろな金属が入れられている。

代用合金としては割とよくできているのだがそれも金に比べるとはるかに見劣りするし、添加された様々な金属の体に及ぼす影響を考えるとあまりお勧めできるものではない。それにもかかわらず日頃あまり説明もせずに安易に患者さんの口の中に使ってしまっている。

ちゃんと説明すれば拒否する人も多いだろう。もちろん受け入れる人もいるだろうが説明を受けて納得してからにしてほしいはずだ。健康保険の診療で忙しい歯医者さんはなかなかそこまで気が回らないもの。
気になる人は「金銀パラジウム合金」で検索してほしい。

さて懇親会はますます人数が増えて会場が見つけにくくなってきた。各自に飲み物がいきわたって乾杯までにすごく時間がかかる。(次回はなんとかしよう)
私のテーブルはなかなか濃いメンバーで話が盛り上がって楽しかったgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人さんいらっしゃい

新しい年度が始まり、東風会にも新人さんが入ってきた。

まずは事務系のスタッフとして西村くん。いちおう事務長という肩書だが営業もするしコーディネーター的な仕事もやってもらう。これから東風会が伸びていくためにはとても重要な役割だ。

次に技工士として藤井さんが入られた。3月に技工士学校を卒業したばかりだがすでになかなかの腕前。これからが期待できそうだ。

そして新任のドクターとして黒澤先生が来られた。他の学部を出て就職したのちに歯学部に入りなおして歯科医師になった方だ。名前も義宗と時代劇でも通用しそうな感じの男前。

ラッキーなことにどんどんすばらしい人材が集まってくれる。この人たちのポテンシャルを最大限に引き出せるような環境を作っていくのが私の仕事だ。責任重大。

shine明日4月4日はインプラント相談会shine
今回も体験者の方にお話ししてもらいます。
飛び入りもOKです、どうぞお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »