« 2月の上海3 | トップページ | ピエゾサージェリー講義&実習 »

丸亀ハーフマラソン

2月7日

1409685565_249

なぜか5時半に目覚める。もったいないのでもう少しうとうと・・ おもむろに6時に起きてシャワーしていると・・おっ時間がない! 急いで茶屋町へ車を飛ばす。駐車場についてお金を払おうと思ったら・・小銭がない!仕方なく置手紙を書いて駅へダッシュ走る人

切符を買う時間もなかったのでそのままホームへ。 茶屋町駅にはなぜかSさんが待っててくれた。 なんでも忘れ物して早島では間に合わないのでこちらに来たとか。 とにかく間に合ったのでほっとしたあせあせ(飛び散る汗)

電車には多くのメンバーがそろっていた。 同席になった青年は24歳。目標は1時間25分!すごい。 若くてすごい人がどんどんグループに入ってくる。

会場に着いてすぐにマッサージ。 いつも横目で見ながら受けたことがなかったのでうれしい。 やや寒い点を除けばとても気持ちがいい。

そしてさっそく接待のうどんを2杯いただく。 特にうまいうわけではないのだが温かいしおいしく感じる。 着替えて荷物を預けて軽くウォーミングアップ。

天候もいいし気温も9度。風もない。
「絶好のコンディション」というやつだ。
唯一の気がかりはiPhoneの充電状況。
寝る前に充電し忘れたので競技場のトイレで充電。
結局半分ぐらいしか充電できなかった。大丈夫かいな??

いよいよスタート。
「スタートしました」というアナウンス。
スタートの合図は聞こえなかったみたい冷や汗

人が多いので速くは走れない。
何とか人の間を縫って前に進んでいく。
前半はなかなかペースが上げられない。

だいたいキロ5分程度のスピードで走っていく。
途中で昨年同様モグス、ダニエルの二人とすれ違う。
まさに異次元のスピード。機関車が通り過ぎたようだ。
テレビで見ている人にはわからないだろうな。

実はこの「異次元のスピード」というのが今回のテーマになった。
何とかその異次元を実現しようと後半がんばってみる。
体の回転をもっと使ってみる。しんどいがストライドは伸びるのを感じる。

後半は少しペースアップできた。少し波はあるものの4分半のペースで走れたようだ。 でもさすがに体力使ったようで最後の競技場に入ってからはラストスパートできなかった。

時計の表示を見ると1時間41分。何とか目標は達成できた??
iPhoneも何とか最後までもったようだ。
ゆっくりと歩いて記録用紙を貰いに行く。
ネットでは1時間39分23秒。よしよしわーい(嬉しい顔)

腹減ったので肉まんかじりながらスタジアムへ。
服が汗で濡れているので着替えてまたマッサージへ。
今度は2人がかりでやってくれる。快感!ずーーとそのままやってて~!

1409685565_155

そうこうしているうちに続々とみんなも帰ってくる。
今回Sっちぃさんが体調不良だったのは残念。
あとはみな記録更新できたようでよかった。
Sャーさんは結局1時間22分とか!やるな~!

1409685565_93

打ち上げはいつもの「一鶴」へ。
大ジョッキ、中ジョッキ、親鳥、とり飯、もろキュウ・・・
おいしく頂きたらふく飲んだ。飲み会はやはり楽しい!

帰りにはおまけに「猪熊弦一郎現代美術館」へ立ち寄った。
で、どうだったかというと・・現代美術なので・・??
「スーパーキャパシターズ」という展示はさらに??
帰って辞書を引くと「コンデンサ」の意味らしい。
ともかく立派な建物ではあったcoldsweats01

お土産を買って瀬戸大橋線へ乗り込む。
茶屋町では駐車場でお金を払い家路へ。
帰ってさらに焼酎を少々飲んでほっと落ち着く。
長くて楽しい一日であった。

|

« 2月の上海3 | トップページ | ピエゾサージェリー講義&実習 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88780/33350417

この記事へのトラックバック一覧です: 丸亀ハーフマラソン:

« 2月の上海3 | トップページ | ピエゾサージェリー講義&実習 »