歯科学研究所インプラント部会

7月3日、4日

Kahnberg

4日は歯科学研究所インプラント部会で発表の予定。前日より東京に入り、カーンバーグ教授を迎えての懇親会に出席した。スウェーデンではいつもお 世話になっている有名な教授だ。顔見知りのメンバーも多く来られている。このあと大会長の岡先生と軽く前夜祭。

さて、いよいよ若干の緊張感を持って当日を迎えた。
この日の最初の演題は田中譲治先生と鈴木光雄先生の教育講演。

田中先生の話は磁性アタッチメントを使ったオーバーデンチャーについて。
McGillの2002年のコンセンサスではインプラント2本の下顎総義歯のベネフィットについての10年以上にわたる研究から
・残存率が非常に高い
・合併症の発生率が非常に低い
・顎堤の吸収率の低下
・食生活のあきらかな向上
・コストを考慮しても高い満足度
ということから、下顎無歯顎に対しては
「インプラント2本のオーバーデンチャーを第一選択の標準治療にすべき」
というコンセンサスができているとのことだった。

鈴木先生の講演では「大口式」の術式が多く披露されていた。
彼は今では大口式のインストラクターをしているそうで、雑誌などでは見ていたが実際にお話をお聞きするとだいぶ印象が違ってくる。一度セミナーを 受けてみてもいいかもしれない。

さて、会員講演のトップは筒井先生で難症例にBioOssブロックとGem21を使った症例。結論的にはGem21の骨誘導能はあまり高くないと のこと。確かに今もてはやされているが僕も使った感じではそれほど画期的に骨ができるわけではなく、期待通りにはいかないケースが多いようだ。

次が私の番だがスライド詰め込みすぎて時間が全然足らなかった。予行をするべきだったと後で反省。とても聞き苦しい話になってしまって申し訳な かった。あとでお世辞だろうが「もっと話を聞きたかったです」と言われて少し救われた(^_^;)

3番目が守口先生のノーベルガイドを使った即時荷重の話。だいぶコンピュータガイドも進化しているのだろう。うまく使えば患者さんの負担も少なく オペの時間もかなり短くなるようだ。様子を見てそろそろ取り入れる時期かもしれない。

最後はカーンバーグ教授の  「Implant rehabilitation in compromized bone without bone augmentation procedures」 複雑な症例で骨造成をしないでインプラント治療する方法だ。
彼は逆に大規模な骨造成手術で有名なのだが、敢えてそれをしない方法というのを整理してみせてくれた。印象的だったのはサイナスインパクションで もサイナスリフトでも骨補填剤を使わないという点。それで十分骨はできるとのこと。ただしサイナスの圧で造成した骨が吸収するのを防ぐのに補填剤は少しは 役に立つだろうとのことだった。

帰りは高松の先生と一緒になった。フライト時間まで少し余裕があったので二人で軽く一杯。いろいろ経営相談に乗る形になってしまった。インプラン トは確かにすばらしいが医院経営はバランスだ。自分の周りのみんなが幸せになる形でないと長期的な成功は難しいように思う。東風会はまだまだこれからだが 方向性は間違っていない。さらに改善の努力を続けるのみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピエゾサージェリー講義&実習

2月14日

Peizo

バレンタインデーだというのに朝から岡山の某会議室で和田精密主催のセミナー。 ピエゾサージェリーという超音波の骨切削器についての講義と実習。 東風会でも1台持っていてインプラント関連のオペによく使うのだが、 今までしていなかった使い方がいろいろありとても参考になった。

特にディファレンシャル・サイト・プリパレーションというスプリットクレストに使う方法は雑誌では見たがいま一つ納得できないところがあったが、聞いてみると簡単な話。このテクニックは薬事法に通っていない使用法だが医師個人の責任で器材を輸入することはできる。

サイナスリフトについてももう少し応用範囲を広げてもよさそうだ。OP3を使って骨を採取するのは少量の骨を必要とする時には便利そうだ。埋伏歯をカットする場合、神経に近い場合は気を使うが最後の一切りは超音波を使うのも良いかもしれない。
メクトロン社からピエゾサージェリー3というのが出ているが本質的に2と変わらないので購入する必要はないとのこと。

午後からの実習は豚の頭を使ったもので、 下あごが終わると今度は上あご。これを延々とやっていると・・少々気が滅入ってきたがまん顔  ともかく準備と片付けをしていただいた和田精密のスタッフの方には感謝。

晩ご飯が豚肉でなかったことがせめてもの慰めであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インプラントの報道について

盛んに報道されているインプラント使いまわし事件について一応コメントしておこう。

僕ら専門家からみるとまったく「あり得ない話」
器具の滅菌に完全を期すのは当然だが、インプラントの骨内に入る部分は特に慎重に扱い、「何にも触れない」ことが絶対条件で、チタン以外の金属で 触ることも禁忌。なぜなら「メタルコンタミネーション」が起きて他の金属が表面につくと「生体適合性」が低下し本来の性能が発揮できなくなるからだ。

もちろん表面にたんぱく質が付着することは絶対にダメで、いかに滅菌しても再使用はできない。同じ人への使用もできない。もちろんインプラントの本体は高価だが少しでも汚染されたものは破棄する。

さらに23本も一度に植えることはにない。 無歯顎でも6~8本植えれば完全な歯列を再現できる。 通常はあり得ない治療だ。

どの分野でも頭のおかしい人はいるものだが、これをもって「インプラントの光と影」みたいな報道の仕方をされると困る。僕は開業当初からインプラントをしているので一番古い人は20年以上も経過しているがなんの支障もなく、堅いものでもなんでも自分の歯と同じように噛める。

歯で困っている人にとっては大きな福音になるすばらしい治療法だ。治療する側にとっても歯のないところに新しい歯を作れるわけで、健全な歯を削ったり、異物感の強い入れ歯を入れるよりもずっといい。

もちろん成功率100%というわけではないし、専門家でも慎重にやらなければならないケースも多い。だが自分が歯がなくなったら間違いなく選ぶ選択枝だと思っている。誰にやってもらうかが少し問題ではあるけれど・・・ウインク

newTwitter始めました。よろしくheart02こちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モナコ最終日

10月2日

この日は観光と決めていたがどこに誰と行くか具体的なことは決めていない。 朝、連絡を取り合って集まったがいわゆるツアーは9時に出た後ということで 午後からのものを予約し、ぶらぶら散歩することにした。

Monaco2

モンテカルロは坂の町で、歩くと結構大変だが運動になる。
バイクがやたら多いのはそのせいもあるし,車だと駐車場所を探すのも停めるのも大変。

Monaco7

狭いスペースに器用に縦列駐車している車の列がどこにでも見られる。。 バイクが車の間をすごいスピードで駆け抜けていく。かなり危なっかしい。

Monaco6

どんどん登っていくといつのまにか国境を越えてフランスに入っていたようだ。 このあたりは島国の日本人にとって不思議な感じ。国境と言っても特に線があるわけではない。
地元の人の行くような市場を見つけたので早速入ってみる。

Monaco3

Monaco4

Monaco5

見たことのない野菜や花々が目を引く。チーズ専門のお店があるのはさすがフランス。
お肉も充実しているし、驚いたのは魚屋があること。地の魚を普通に並べていた。
少し歩き疲れたのでオープンテラスのカフェでビールを飲む。

Cafe

ホテルの方に戻りカジノの近くのまたもやイタリア料理屋でパスタを食べた。 普通においしい。ホテルに戻って一服するとそろそろツアーの時間。 迎えに来たのは初老のちょっと頼りない感じのフランス人のおじさん。 彼は運転もしゃべる英語もゆっくり。感じのいい人だった。

4時間ほどのツアーをお願いする。まずはモナコの宮殿へ。

Monaco8

近くにあるグレースケリーの眠っている教会。

Monaco9

ビューポイントがありそこからの港が一望できる。思わず声が出るほど素晴らしい眺望。 がんばってきた自分へのご褒美ということにする。

Monaco10

Monaco11

この景色を写真で伝えるのはちょっと難しい。

香水工場にちょっと立ち寄る。

Monaco12

製造過程を色の浅黒いアルジェリア系と思われる美女が紹介してくれる。

Monaco3_2

買う気はなかったのだが・・・つい・・買ってしまった。

このあとプロバンスに足を延ばしてEze Villageへ。

Eze

岩山の狭い岩肌にへばりつくように作られた街。 魔女の宅急便とかに出てきそうな雰囲気、細い通路は迷路のようで不思議な感じがする。 古い建物を利用して途中にカフェや土産物屋があり、ちょっとのぞいてみたくなる。

Eze2

一番上のところは有料でサボテンとかの生えている場所で眺めは抜群にいい。

Eze_2

Ezeは本当に訪れることをおすすめする場所だ。

このあと運転手は高台の方の道を通ってモンテカルロまで戻ってくれた。 この道の眺めもまたすばらしい。来て本当によかったなと感じさせてくれた。 途中ギリシャ時代の遺跡がありその大きさに驚かせれた。

夕方から始まる学会のスペシャルセッションにはきっちりと間に合った。 リンデ教授とアルブレクソン教授のやり取りとかを聞いた。

Linde

会場は大いに沸いていたがこの会話がさっぱり聞き取れずちょっとがっかり。 かなり早口であったが僕の英語力はまだまだだ。

夜はカジノの上にある会場でアストラテックのパーティ。 去年のハードロックカフェのパーティよりも人が多かったように思う。 最初は少し遠慮していたが最後は大いに飲んで踊った。

Party

このあと、皆と一緒にカジノへ。僕は賭ける気は全くないので見学のみ。 グランカジノはさすがに建物もすごいし落ち着いた感じ。

Grand

O先生やA先生はそろってスロットで勝ったとのこと。 ホテルのバーで皆と少し話をしてこの日は終了。長い一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EAO2日目

10月1日

この日は1日中学会。

Eao

午前中は企業展示のチェックしたあとアストラのスペシャルセミナー参加。 アストラは新製品のOsseoSpeedのプレゼンがほとんど。 企業展示は特にめぼしいものがない。各企業のブースも心なしか小さい。 やはり不況の影響が出ているのかもしれない。

Eao2

それに用意されている食事や飲み物が少ないし場所も限られている。 ワインやビールなども出ないthink まあ学会に集中するにはその方がいいのかもしれないけどdash
お昼はアストラテックの用意してくれたレストランでビュッフェスタイルのランチ。 夕方伊藤先生が今回の学会の総括をしてくれた。 これがとても分かりやすく参考になった。

Eao3

夜はベントレーとかのショールームが並ぶ通りにあるイタリアレストランで。 すぐ横を着飾ったムッシュ、マダム&マドモアゼルたちが通り過ぎていく。 僕は普通に前菜とパスタを頼んだのだがお肉やシーフードのほうが美味しそうだった。 車のショールームには歌手がライブをしていてちょっとした社交場のよう。

この日はなぜかインターネットが通じずiphoneでパケット通信。
これがあとでとんでもないことになるとは?あせあせ(飛び散る汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンテカルロEAO学会

9月30日

イエテボリからミュンヘンへ。空港でトラブル発生。 コンピュータシステムがダウンしたようでチケットが発行できないとか・・ 係員が手書きでチケットを書いて発行。でも座席も何も書いていない。

どうもオーバーブッキングしているという噂だったので早めにゲートへと向かう。 座席に座って待っているがなかなか出ない。そうこうしているうちにアナウンスがあり、 「自分の荷物を確認してくれ」とのこと。どうやら乗れなかった人の荷物も載っているようだ。

A1_2

荷物を一度全部飛行機から降ろし、荷物を預けた人全員がまた降りて自分の荷物を確認する。 そしてまた積み込んで1時間遅れでやっと飛び立った。

Alps

途中スイスアルプスに遭遇。雄大な山々が延々と続いていく。
僕はだいたい通路側に座っているのだがこの時ばかりは窓に張り付いて写真を撮った。

Niece

ニースは小さな空港だ。岡山空港ぐらいだろうか?気温は初冬のスウェーデンから一気に夏に舞い戻った感じ。 バスに乗り込んでモナコのモンテカルロへと向かう。

Feamont

ホテルはちょうどF1グランプリのヘアピンカーブのところにあるフェアモントホテルというところ。グランカジノに隣接するモナコ最大の4つ星ホテ ルらしい。高級車が所狭しと並んでいる。フェラーリ、アストンマーチン、ベントレー、ロールスロイスといった普段は見かけないような車が平然と街を走って いる。

学会会場は歩いてすぐのグリマルディー・フォーラム。

Grimardi

途中になぜか「モナコ日本庭園」という庭園がある。
ものすごく不思議な感じだ。

A2_2

A3

会場は去年のワル シャワの城ほどではないがかなりの広さ。すでに始まっていたプレコングレスセッションに急いで参加する。名古屋大学のY先生や大阪大学のM先生。それに去 年スウェーデンでお世話になった歯周病の先生も来られていた。

A9

夜はホテルにある海を眺めるイタリアレストランで食事。

B2

B3

沖には高級客船やヨットが見える。
夕方からは涼しく過ごしやすい。

B1

公用語はフランス語なので片言でしゃべりかけてみる。
何となく通じるし相手が喜んでくれるのでこちらも楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエテボリ大学

9月29日

僕らが滞在しているイエテボリ(Göteborgはスウェーデン第二の都市。ここにあるイエテボリ大学はインプラントで世界的に有名な大学だ。

Gote4

Gote

この日は一日そのイエテボリ大学で講義とライブオペ。 症例そのものはそれほど複雑なものではなく どちらかというと僕らが日常やっているレベルのものであった。

Gote2

レクチャーしてくれる部屋の家具や内装もおしゃれだし、 必ず働く人がくつろげる空間を用意してある。 別棟でカーンバーグ元教授とともに昼食を頂く。 ちゃんとウェイトレスが一品ずつ給仕してくれるのがいい感じだ。

Gote6

Gote7

昼過ぎには終了したので、街中を歩いてみた。
スウェーデンの建物は色とりどりだが町全体は統一感がある。

A1

A2

イエテボリ美術館に行ってみた。普段はあまり美術館など行かない人だが、 古い時代の絵から印象派、現代美術まで数多くの作品が展示されており 十分に堪能できた。いいなと思う絵の前で何も考えず見ていると疲れが取れる感じがする。 スウェーデンの作家の作品は特に印象が深かった。

A5


A6

A7

A8

自転車が多い。いわゆるママチャリはなく、ヘルメットも着用した上でしっかりとサドルを挙げていい姿勢でびゅんびゅん走らせている。

A4

スウェーデン最終日の夜はI先生の希望で「帝」という日本料理屋へ。 イエテボリで最も古い日本料理屋とは云うのだが・・・・ メニューを見てもかなりあやしい。 味噌汁のことをMOSOSHIROとか書いてある冷や汗

ぼくは「刺身&焼肉定食」を頼んだのだが、まずは刺身が来た。2/3はサーモンである。ツマが大根でなくて人参というのも意外性がある。20分ほどして焼き肉が来た。なかなかおいしい。ご飯もちゃんと炊けている。やはりイエテボリの日本料理と言えば「帝」・・・ということにしておこうcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アストラ本社

9月28日

Astra4

朝からアストラテック本社で講義とライブオペ。 来年から日本でもやっと発売になるOsseoSpeedについての話が多かった。 表面性状についての基礎的な話をしてくれたのがあの有名なアルブレクソン教授。若い頃インプラントの生体適合性について研究していたころ、よく彼の論文を読んだものだ。皆には少々退屈な話であったようだが僕にとってはとてもエキサイティングな内容だった。

Astra

アストラの社内も洗練されたスタイルで気持ちがよい。 食事もきちんとしたレストラン並みに給仕されワインなども付く。 アストラの社内で出される食事はいつもおいしい。

Astra5

午後からはライブオペ。無歯顎にコンピュータガイドシステムを用いてフラップレスで植立し即時荷重するという症例。なかなか手際がよく比較的短時間でオペは終了した。とても見ごたえのある手術だった。

Astra6

Astra2

ディナーはホテルから少し歩いたところにあるLitzというレストランで。アストラの副社長であるシェル・グルート氏のご推薦。雰囲気も良く料理もおいしかった。

Astra3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スウェーデンへ

9月27日

26日に全日空ホテルで異業種交流会があった。

サラリーマンで大家さんをしている方が主催しているものだが、 不動産投資は今後自分の中では重要な課題なのでこれも何かの縁だろう。 主催者側スタッフにうちの会計事務所の社員が2人もいたのはびっくり。全体的に若い人が多く皆あまり食事も取らず盛んに名刺交換されていた。

全日空ホテルを予約しておいたので交流会のあと、アラームもかけないまま爆睡。 朝の5時に奇跡的に目覚め、あわてて新幹線に飛び乗って関空へ。 集合時間に何とか間に合ってフランクフルト経由でスウェーデンへ。 今年もイエテボリで研修後、モナコのEAOに出席することになっているのだ。

関空から一緒に行く仲間は何と全員ビジネスクラス!ぼく一人がエコノミークラスということで若干卑屈になる(^_^;)たくさん映画が用意されていたのでひたすら映画を見る。10時間の間に3本半も見てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休は大阪から

9月20日

大阪でメデントのインストラクタートレーニングコースを再受講。

午前中は愛知学院大学放射線学講座の内藤先生によるCTの講義。 歯科用コーンビームCTを使っていていろいろ疑問点が出てきたところなのでいいタイミングだった。 それにしても2分下顎管の出現比率が64.8%というのは驚き。 パノラマだけで診断していると分からないことが多々あるようだ。

午後からは伊藤先生の講義。
ロールプレイングとかあって実はかなり笑えた。
コンサルティングについては僕も大したことがないがだめだめなドクターが多い。 多くの点でとても参考になることを教えていただいた。

帰りの道中、奈良の某歯科のトリートメントコーディネーターの女性と話す。 ここのマーケティングがすごい。もう少し詳しく聞きたいところだ。 おそらくモナコで開催されるEAOに参加されるだろうからゆっくり聞いてみよう。

夜は知人と待ち合わせして鶴橋で焼き肉。
ちょっとこぎれいで流行っている店に入ったが、値段を見ると意外と高い。 出てきたお肉はおいしかったが、値段ほどの価値があるのか??

もう1軒屋台に近いような店に寄ってみる。
ここは僕が昔通っていたような店。1本100円~150円の串焼きだ。 うまいし、安い。ここで十分だなぁ。

ホテルは住之江公園のあたりしか取れなかった。
カード会社がリッツの6万円の部屋なら取れるとか言ってきたがとうぜん却下。 連休とはいえこんなにホテルが取れないのは異常。

翌日は少し時間があったので、南港のあたりをぶらぶらしてみた。海遊館はものすごい人。サントリーミュージアムに潜り込み、 「ブルーオアシスII 3D」を見る。 期待していなかったがこれがなかなかのもの。 見たことのない方はぜひ見てみることをお勧めする。 かなり癒され疲れがすっかり取れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧